新宿三丁目北歯科

抜かない歯科治療・歯周病・根管治療・審美歯科

お問合せ 03-3351-6685

歯科口腔外科

 【親知らずの抜歯】

 

1)歯科用CTによる診断

 確実な診断として、歯科用CTが必要です。

 親知らずの3次元的な形態の把握と太い神経や血管の走行を確認できます。

歯科用CT画像

2)麻酔

 十分な麻酔を行うことにより、痛みなく抜歯ができます。

 (場合によっては、静脈内鎮静法により眠ったような状態で治療が受けれます)

 生体モニター(血圧、脈拍、血中酸素濃度)により不測の事態を避けるようにします。

3)手際のよい抜歯

 スムーズに抜歯することにより、短時間でより苦痛が少なくなります。

4)術後管理

 適切なお薬と療養で腫れと痛みを最小限にします。

 

生体モニター

 

 

 【根尖切除術】

 

1)根管治療を行ってもなお、根尖病巣(こんせんびょうそう)が存在する場合に行います。

 

Top