新宿三丁目北歯科

抜かない歯科治療・歯周病・根管治療・審美歯科

お問合せ 03-3351-6685

吸血鬼がつくる黒い歯石!2017.02.24

歯石には

白い歯石と

黒い歯石がある。

歯周ポケットの中にできる

黒い歯石と

歯周ポケットの外にできる

白い歯石がある。

白い歯石は

目に見える場所にできて

それほど害はない

ところが

黒い歯石というのは、

歯周ポケットの中にできて

悪さをする。

悪さをした証といったほうが

正確かもしれない。

なぜ黒いかというと

鉄を含んでいるから

鉄!?

そう

鉄といえば

ヘモグロビン!

なんと

ポケット内の歯周病菌は

血液を

栄養にしているのだ!

まさに吸血鬼!

statue-953684_1920

血液は

当然血管のなかにある。

普通は血管を切らないと出てこない。

歯周病菌は

血管を切らない。

毒素を出して

炎症を起こす。

牙を持たないが

牙以上の

武器を持っている。

炎症が起きると

それを迎え撃つために

血管が変化し

血管内の白血球などが

外に出てくる。

このとき

赤血球も

外に出てこれるようになる。

これを食べるのだ。

この状態だと

まさしく

歯ブラシで

血が出る状態である。

そう、歯ブラシで血が出るのは

血管が切れているわけではない。

歯磨きで

血が出る方は

吸血鬼である

歯周病菌に

血を食べられているのだ

吸血鬼をデンタルプラークバスターでやっつけましょう。

ⓒ2017 新宿三丁目北歯科  All rights reserved


Top