新宿三丁目北歯科

抜かない歯科治療・歯周病・根管治療・審美歯科

お問合せ 03-3351-6685

コンスプト

当院では患者様に最善の治療を受けていただくこと、早期に症状改善をするために制限診療である保険治療を行わず、自由診療専門で診療を行っております。
自由診療で一番ご不安に思われる料金につきましては、治療前に治療費・具体的な治療内容等を明確にした治療計画をご提案いたしますので、安心して治療に専念していただける環境となっております。
治療面では患者様の“辛さ”、“不安”、“長期治療によるストレス”を取り除き、心身共に元気になっていただけるよう、丁寧に治療前の症状ヒアリングを行い最新機器による検査結果をふまえた上で「歯の健康に関するプロ」として、寄り添っていきたいと考えております。
診療内容や料金など、少しでもご不安に思われることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

歯を失わないための3つの仕掛け

診療科目

歯周病検査 検査の流れ

① 視診、触診、カウンセリングを丁寧に行い、現状を把握します。
② マイクロスコープ検査 ---- 歯の拡大画像を取ることで歯ぐきの状態を詳しく観察しご説明できます。
③ 歯科用CT検査 ---- 歯根の周りの歯槽骨の状態を詳しく知ることができます。
④ 歯垢細菌検査 ---- 細菌を生きた状態で観察することにより、スピロヘータ等の菌を見つけることが出来ます。
⑤ 口臭検査 --- 歯周病菌が出す特有のガスを測定します。
⑥ PTM炎症検査 ---- 歯ぐきの炎症状態を薬品を使って検査できます。
⑦ 細菌カウンタ検査 --- 細菌の数を測定できます。



歯周病治療

感染症である歯周病の治療における原理原則は、歯周病菌を減少・消滅させることです。
これまでは、殺菌性のものはあまり使わず、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどを利用した水洗い中心でした。
これだけだとどうしても深い歯周ポケットまで住み着いた菌を抑え込むことはできません。
殺菌性が強くて口の中に入れても安心なものがこれまでなかったのです。
そこで新たに開発された中性の高濃度低分子次亜塩素酸水という無害な殺菌水を応用し、すべての歯を一度に殺菌することでようやく歯周病菌を抑え込むことに成功いたしました。
これがデンタルプラークバスターです。



■セカンドオピニオン相談実施中■

現在の主治医の診断や治療方針を確認するために他の(歯科)医師に診断してもらうもので、具体的には抜歯と診断されたが抜きたくない方や歯を失った方が一番良い歯の入れ方を探されている方などが対象です。

診療の項目と料金について

院長の歯に関するお役立ちコラム

Top